オンライン英会話で本当にペラペラになれるの?

TOEIC905点元外資系OLの話せるようになるオンライン英会話受講法&独学インプット法研究

・櫻田の受講しているオンライン英会話はこちら「英会話無料体験実施中:hanaso

2014年10月31日
by kozue
今日のオンライン英会話復習☆20141031 はコメントを受け付けていません。

今日のオンライン英会話復習☆20141031

オンライン英会話復習 2014/10/31
Maria-G先生

・dress up (phrasal verb)

1) to put on clothes that are more formal than the clothes you usually wear
ドレスアップする、日本語の意味と同じ。
例)She dressed up for the party.

2) to put on clothes that make you look like someone else, for fun
変装的な意味。
例)Her daughters dressed up as witches at the Halloween party.

ちなみに、cosplayは動詞にも名詞にもなり、以外と通じる人が多いです。
例)Have you been in a cosplay? コスプレしたことある?
例)I like to cosplay. コスプレするの好きなの。

3) to make something seem more impressive than it really is
実際より良く見せようと飾り立てる。
例)She dressed up with kimono to make her looked more conservative at the blind date.

 

・navy blue (adj) very dark blue

ファッションについて話していて、一つ発見が!
紺のことを日本人は「ネイビー」と言うけれど、ネイビー navyって、海軍のことを表すんですよね。
だから、色のネイビーを言いたい時は、「ネイビーブルー」って言いましょうって!
なるほど確かに!

例)Navy blue is one of the most favorite color.

 

・wear lipstick
化粧品は主に、put on, wear, apply を使っておけば問題なさそう。
口紅は、wearを使った方が、なんだかこなれているきがしちゃいます。

例)You should wear blight colored lipstick to make your face looked beautiful.

 

来週アメリカに行くまで、毎日受ける予定!
折角だから弾みをつけて、現地で英語を喋りまくるぞーっ★

2014年10月23日
by kozue
今日のオンライン英会話復習☆20141023 はコメントを受け付けていません。

今日のオンライン英会話復習☆20141023

オンライン英会話復習 2014/10/23
Maria-G先生

英語を話しているとボキャブラリーのなさにいつもがっかりするけど、
特に、日常普通に使う簡単そうな単語が思いつかない。

それはそうだろう、いつも使う英語の教材は、ビジネス系とか、エッセイとか、
小難しいのが多くて、若者向けのドラマとか、恋愛小説みたいな、
日常会話が出て来るようなものが少ないからだ。
今日は、普通っぽい単語がいくつか出て来たので、それを復習。

dim(noun)
dim place do not have much light in them, so you cannot see very well.
例)The kitchen was too dim to find the knife.

clunker (noun)
an old vehicle or machine that is in very bad condition.
例)His job is to refurbish clunkers for vintage car manias.

paper-based (adj)
made of paper
例)I prefer reading paper-based book rather than reading digital based electronic books.

text (verb)
to send a written message to someone using a mobile phone
例)How often do you text your friends? I don’t often text all day.

perk (noun)
an advantage
例)What is the perks of your job?

zit (noun)
アメリカ人はニキビのことを pimpleではなくzitと言うらしい
例)Whenever I find any zit on my face, I feel down.

cheat day (noun)
A day on which you are allowed to break your diet.


これは覚えたいフレーズ!
Mind if I take a rain check on that drink/invitation?
something-used to tell someone that you cannot accept an invitation now, but would like to do so at a later time.

やんわりお断りする時に使えそう!

I’ll take a rain check.
Can you give me a rain check?
Can I take a rain check?

例)I can’t go with you as I have to work late tonight, but I’ll take a rain check.

使う機会がなさそうだけど・・・いつかリアルに使いたいわ!



2014年10月20日
by kozue
2 Comments

今日のオンライン英会話復習☆20141020

オンライン英会話復習 2014/10/20
Maria-G先生

最近順調にレッスンを受けている、櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!
今日も復習にこの場を借りさせて頂きます。

■ enhance (verb)
to raise to a higher degree; intensify, magnify

例)I want to enhance my blog by making it more interactive.
例)I have tried to enhance a close relationship with readers by replying genuinely to all the comments I received.
例)Her new close enhanced her beauty.

などなど、意外と使えそうな単語だということが発覚。メモメモ。


■ modest (adj)
a modest person does not like to talk about themselves, their achievements, or abilities, even if they are successful.

自分のキャリアで成功した事を教えて?と言われてちょっともごもご。
Japanese people find it difficult to use success or successful when talking about themselves.

日本人ってシャイだから・・というところに、この単語を教えてもらいました。
shyより何だか分かってる
いろいろな意味を持っているけれど、控えめ、質素、謙虚。

例)She is genuinely modest about her achievements.
例)He continued his modest behavior for not to make political enemies.


■ persistent (adj)
粘り強い、と、しつこい、と、プラスマイナス両方の意味がある。そうか、そうだね。

例)Be persistent – don’t give up!
例)Why are you so persistent? しつこいわねっ!
例)He persistently invited her for a short walk but was rejected.どっちの意味にも取れますねw



旅行も近いので、今週は2-3回受講するわっ!

2014年10月15日
by kozue
今日のオンライン英会話復習☆20141015 はコメントを受け付けていません。

今日のオンライン英会話復習☆20141015

オンライン英会話復習 2014/10/14
Maria-G先生

今日も嬉しいことがありました!
先生と話している時に、最近、難しい単語が口から出て来るようになっていて、
そのことに自分では気づいていなかったのだけれど、先生に指摘されて気づきました。

Compensateという単語が口から出て、でも上手く使えなかったのだけれど、
難しい単語も出て来るようになったわね!上手く使えなくても私が手伝うから大丈夫。
どんどん口に出して!その調子!と♪

知っているボキャブラリーと、口から出て来るボキャブラリーって、その数が全然違うんですよね。
口から出て来る、いわゆる「アクティブボキャブラリー」って本当に少ない。

それは、知っているボキャブラリーを繰り返し意識的に使うことでしか、
アクティブボキャブラリーにならないと思っていたけれど、
頻繁に英語に触れていると、自然と知ってるボキャブラリーが、
喋っている時に思い出されて来て、
確かに最初に口に出す時はもどかしい感じなんだけど、うん、
自然にアクティブボキャブラリーが増えているなって感じています。
そんなものなのかしらん。

うふふふー♪

ということで、今日の復習。

■ crystal clear (adj)

1. completely transparent and very bright〜crystal clear glass/water/air〜
2. extremely obvious or easy to understand

2の意味で、ビジネスで良く使われる気がします

例)It’s still hard to understand. Can you make it crystal clear why you couldn’t meet the budget.
予算が達成できなくて、理由を求められるの図・・・リアルな。
■ practice what you preach

この「自分の教えを、自らが実践せよ」を使うシチュエーションを考えてみて、という宿題。

My Mam always tells me not to speak ill of others. But she always complains to her friends about my Dad. I want to say “Practice what you preach” to her.

耳の痛いことわざです。

 

■ each other / one another

この使い分けができていませんでした・・
each other: 二者/又は特定の人同士
one another: 三者以上/又は一般的な人同士

二者か三者かは、現在それほど厳格に使い分けされていないようです。

例)My husband and I didn’t know each other since we met at the party.
例)People listened carefully to one another.

 

■ kiss and make up
If you kiss and make up with someone, you get over a disagreement and become friendly again.

仲直り☆の素敵なフレーズ。

例)How long have you been on bad terms with him? It’s time to kiss and make up!

 

■ the ○○er… ther ○○er.
○○すればする程、○○になる、的な文章が、スラッと出て来たらいいなぁ。
それに、この文章を組み立てる訓練って、英語を組み立てる上でとても有効な気がして。

例)The longer the conflict is not solved the worse our relationship becomes.
例)The harder he worked the richer he became.

 


今聞いているプラダを着た悪魔、Devil Wears Pradaが面白くて、
夜食器を洗いながら、洗濯ものを片付けながら聞いてます。
やっぱり教材が楽しくないと続きません。

プラダを着た悪魔のAudio Bookをダウンロードした
http://eigo.sakuradakozue.com/audible-shadowing2/

2014年10月13日
by kozue
Audible オーディブル★もっとおトクに購入する方法(初月無料+3か月半額) はコメントを受け付けていません。

Audible オーディブル★もっとおトクに購入する方法(初月無料+3か月半額)

もっと、というと、あぶないデカ、と反応してしまう、
アラフォー櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

audiblelogo http://www.audible.com/

毎日元気にaudibleを聞いて通勤してます。
たまにブツブツシャドーイングもしているので、かなり怪しいかも・・・

8月半ばにMembership会員(定期継続会員毎月$14.95・初月無料)になり、
http://eigo.sakuradakozue.com/audible-shadowing1/

8月:定価$21.27 Don’t Sweat the Small Stuff, and It’s All Small Stuff→タダ
9月:定価$33.27 The Devil Wears Prada→$14.95

さらに「7つの習慣」定価$28.30も聞きたいけど、
定期会員だから$14.95で買えるとはいえ、やっぱ高いよな・円高だし1,600円位?と、
解約しようと思い、次の引き落としが来る10月半ば前にキャンセル
(定期継続会員の脱会)しよう!

10月:次の引き落としが来る前に解約しようとしました。

まずはaudibleにログインして、
http://www.audible.com/

自分の名前をクリックして「Account Details」をクリック

audiblekaiyakushi0

 

自分のプランを確認しつつ(30日無料で、その後は$14.95)
(左のAudio Creditが”ゼロ”になってるかどうかも、確認してね!)
audiblekaiyakushi1

「Cancel my membership」をクリック。

 

なんでキャンセルするの?って聞かれるので、適当に答えます。
audiblekaiyakushi2

 

そしたら、こんな誘惑が・・・

audiblekaiyakushi3

 

ということで、来月も継続することにしました(笑)
マンマと引っかかったとも言うことができます、はい(笑)
いやっ!こういうこともあろうかと、試してみたんですっ!(笑)
7つの習慣と、思考は現実化するとかも、聞きたかったんだもん。

ちなみに、9月15日の最初の引き落とし前に解約しようとした場合も、
同じように3ヶ月半額引き留めキャンペーンがあるようですので、ぶっちゃけ・・・

初月無料でまず1冊ダウンロードし、
最初の引き落とし日前に解約する素振りを見せれば、
その後3か月間半額で継続できます!

つまり、4冊分のオーディオブックを、$22.47で購入できるってこと♪
うふふのふーっ♪

 

audiblekaiyakushi4

しっかり$7.49になってます!

と、物凄く得した気持ちになっていますが、amazonさんバカじゃありません。
こうやってニンジンをぶら下げて引き延ばすことで、
私達がついつい解約を忘れたり、オーディオブックにハマることを目論んでいるわけです。
そして、その確率が高いからこそ、こういったプランを組んでくるワケです。

はい、カレンダーに、手帳に、解約検討日を記入しておきましょうね!

2014年10月9日
by kozue
今日のオンライン英会話復習☆20141009 はコメントを受け付けていません。

今日のオンライン英会話復習☆20141009

オンライン英会話復習 2014/10/9
Maria-G先生
今日はとっても良いことがありました!
Maria先生に、レベルが上がったことを感じたって言われちゃったのよっ!
ミスも少なくなって、書くことも減っちゃったわって。
(いつもミスがあれば正しい英語をメッセージに入れてもらっている)

最初はこずえのレベルはIntermediateだったけど、
Low-Advancedレベルにアップしたわね、と。
今日こずえの英語を聞いていて、確実にレベルアップしたのを感じたわ。

だって〜うふふ♪
独学だと自分のレベルを測る方法は、TOEIC等のテストになるけど、
同じ人にずっと見てもらっていると、こういう嬉しいことがあるのね〜。



で、浮かれてないで、今日の復習。
今日は仕事の話をしました。

好きなことをするとお給料が減るし、
高いお給料のために嫌いなことに時間を捧げるのもイヤ・・ということで、

The balance of salary and liking the job is always a big problem.

これが上手く言えなくて、作ってもらったセンテンス。
そうそう、給料を取るか、好きを取るかってありますよね。
もちろん、どちらも大切なんだけど、なかなか両立しないよね、という。
liking the jobっていう表現にびっくりしました。

例)Which is more important to you, salary or liking the job?
  

At the end of the day, money is important.

結局のところ・・・って、飲み屋でサラリーマンが言ってそうな台詞。
結局のところお金は大切だよね!

例)At the end of the day, she will win the race.
  

preach (verb)
to give people advice, or to tell them how to behave, in a way that annoys them

知らない単語でした。
ああ、そう言えば「Papa don’t preach」というマドンナの名曲があったなぁ。
説教しないで、みたいな感じね、はい。

例)Please don’t preach. I know what I did and I’m willing to pay for it.

practice what you preach –  You yourself should do the things you advise other people to do
イディオムというか、箴言的に使われるそう。

最近オンライン英会話だけじゃなく、
映画やシャドーイングなんかもぼちぼちやってるのも良いのかな。
来月はアメリカ旅行なので、気合い入れて行こうと思います!

2014年10月7日
by kozue
Audibleオーディブルで「プラダを着た悪魔」原作をダウンロードした はコメントを受け付けていません。

Audibleオーディブルで「プラダを着た悪魔」原作をダウンロードした

Audibleオーディブルがお得なプランを提示しているので、
2冊だけ、1冊分の価格でダウンロードできるわっ♪
とトクした気分に浸っている、櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

ということで、2冊目ダウンロードしました!
初月:$21.27 Don’t Sweat the Small Stuff, and It’s All Small Stuff
翌月:$33.27 The Devil Wears Prada

2audibles

定価で合計$54,54 のものを、1ヶ月分の会費$14.95でゲットできました♪

 



 

Audible-オーディブル- でシャドーイング★おトクに購入
http://eigo.sakuradakozue.com/audible-shadowing1/

おトクのおさらい♪

Audible 月極会員料金プラン
1ヶ月 $14.95=1ヶ月1冊ダウンロードできる。
(中には$30以上する本も沢山あるので、このプランが圧倒的におトク)

さらに最初の1ヶ月は無料!!
=つまり、1ヶ月で退会すればタダ・・・
だけど、それは申し訳無さ過ぎるし、聞きたい本もあるし・・・2ヶ月と決めて入会。

 



 

最初は翻訳版を読み込んでいる、
Don’t Sweat the Small Stuff, and It’s All Small Stuff
audibleiphone
をダウンロードしました。

内容はほぼ把握しているので、本当にリスリングが楽☆
ゆえに、ちょっと物足りなかった感もある・・・

また、櫻田は固い英語ばかり学ぶ傾向があるので、
もっと、ライブ感のある生きた英語を学びたいなぁ。
でも、ストーリーが大方分かってないと、辛いなぁ・・・

そうだ!今ハマってる映画「プラダを着た悪魔」の、原作を聞いてみよう!

The Devil Wears Prada
devilw

と思って、ダウンロードしてみました。
実際、映画版に出て来ないエピソードや、小説らしい細かな描写、スラング、
ファッション用語、沢山出て来るので辛いですが、
基本的に鬼上司に無理難題を言いつけられている、
という基本と、メインキャストのキャラクターを理解できているので、イケるかなぁ。

と、やっぱり英語の原作本が読みたくなる・・・

おおっ!日本のアマゾンだとKindle版が超安い!
→こちらはまたレポしますね!

USのアマゾンだと、
Whispersync for Voice-ready
という、シームレスに音声とKindleのテキストを行ったり来たりできる!
というものがあるのだそう。
こちらは要研究です。

 



 

と、とりあえず2冊ダウンロードしたし、ここで解約しようかと思ったのですが、
更にお得なオファーというか、あぁ、もっとお得だったのに・・・
と、長くなってしまってので、そのお話しを次回したいと思います!

引っ張ってすみません。

2014年10月3日
by kozue
今日のオンライン英会話復習☆20141003 はコメントを受け付けていません。

今日のオンライン英会話復習☆20141003

オンライン英会話復習 2014/10/3
Maria-G先生

えぇ、今週も1回しかレッスンを受けていない、櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!
あーん、週末受けるか・・・ひきこもり予定だし。

ところで、クセ、ってなかなか抜けませんよね・・・・
間違っている英語のクセってあるんですよねぇ。

誤)These days I have decided to not to go downstairs for my lesson.
えぇ、decidedの後のtoは不要です。 “decide not to do” なのです。

櫻田の英語の学び方の基本は、正しい英語を何度も聞いて喋って、
感覚としてtoがここにあったらヘンとか、ここはingな気分だよね・・
という、非常にふんわりした非効率な(子供の言葉の覚え方なんだけど)覚え方です。左脳の理屈とか、ルール的なものよりも、右脳的な。

不定詞とingとどっち使うんだっけ(to eat or eating?)とかは、
その単語が含まれた、過去に覚えた文章を思い出したり、口に出したりして確認するんです。これingだとヘンだな・・とか。

だから、一度間違ったものが定着してしまうと、
その通りに間違い続けてしまって、修正が大変というウィークポイントがあります。
文法的に説明されても、一度出来上がった回路というか「クセ」を、
上書きするのは本当に大変・・・すごく簡単な間違いなのに!
第一、レッスンとかじゃないと直してくれないし。

ということで、この例文をレッスンの度にしばらくつぶやき続けたいと思います。

正)These days I have decided not to go downstairs for my lesson.

ちなみにこの文章の意味ですが(笑)、
櫻田はいつもレッスンを受けるために、静かな仕事場から、1階にあるカフェスペースに降りていたのですが、
仕事場で喋っても大丈夫ゾーンを見つけたので、下に降りないことにした、
という話をしていて。

例)I have decided not  to call him again.
もう彼とは連絡とらないことにした。
簡単だからこれを覚えておこうかな。

 


あともう一つ、可愛いイディオム。
work your socks off:to work very hard to achieve something.

例)I had to work my socks off to meet customer demand.

靴下が脱げちゃうくらいっていうのは、英語でたまに見られる表現だそう。
knock someone’s socks off – で、(良い事をして)驚かせる、感動させる、という意味。

例)His performance was so brilliant that it knocked his socks off.とかかな。

いつか普通に使ってみたいので、メモっておきます!