オンライン英会話で本当にペラペラになれるの?

TOEIC905点元外資系OLの話せるようになるオンライン英会話受講法&独学インプット法研究

・櫻田の受講しているオンライン英会話はこちら「英会話無料体験実施中:hanaso

2014年7月30日
by kozue
4ヶ月振りの英語学習報告 はコメントを受け付けていません。

4ヶ月振りの英語学習報告

櫻田こずえは英語学習を止めてしまったのか!?
と、思って下さる方もいらっしゃらない位なんじゃないかと思う今日この頃。
皆さま暑い夏をいかがお過ごしでしょうか。

えぇ、実に4ヶ月振りの更新です、はい。

レアジョブの受講は、お誕生日前後〜6月上旬に途絶えましたが、
どうにか持ち直して来た所です。
目標は週に2回受講。月に8ー10回です。

4月:8回
5月:4回
6月:3回
7月:8回

これから、最低でも月8回、レッスンを受け続けたいと思います!

 

■ 喋るだけじゃだめよ

先日、会議通訳の方とお話をする機会があって、
英語学習について伺ったところ、こんな一言。
さらに、インプットもしないとダメですよね・・・どころではなくて。

・ニュースの流し聞き
・シャドーイング←特にこれ重要
・精読 etc…

いろんな種類のインプットを幅広くやってこそ、
英語力っていうのは上達するのよ。総合力よ、とのこと。
さらに、ある分野に固定したインプットをすると、
実力が上がりやすいわね、とのことでした。

ということで、シャドーイングすることにしました!

All about シャドーイング
http://allabout.co.jp/gm/gc/50412/

アルク:シャドーイング
http://www.alc.co.jp/eng/benkyo/trainingm/04.html

どんな調子でどんな教材でやるのか、記事もまた書きますね。

 

■ 喋りっぱなしじゃだめよ

これは、レアジョブの先生に言われているのですが・・・
レッスンで櫻田が間違えたところ、新しく教えてもらった単語やフレーズを、
折角スカイプのチャットボックスに入れてくれてるのに、
えぇ、さらっと見る程度で、次回には忘れているという・・・

同じ先生で受講し続けることの良さは、こういったことにあるかもしれません。

ということで、この場をお借りして、復習をしようかなと画策。
間違えたところや、新しい単語やフレーズを、
毎回まとめてみたいと思います。

続くかな・・・・それが一番心配(笑)

 



 

その他、日本人同士での英語学習サークルなんかにも行ってみたので、
またレポさせて頂きたいと思います♪

やっぱり英語を話していると楽しいので☆

2013年12月11日
by kozue
3 Comments

櫻田の英語学習論

今日は、自己紹介の続きも兼ねて、オンライン英会話に限らない、
英語学習についての櫻田論を語らせて頂きます。

■ 英会話はインプットとアウトプットの両輪が回って初めて前に進む。

アウトプット学習
=オンライン英会話、英語でブログや日記を書く等。

インプット学習
=ヒアリング、シャドーイング、リーディング、グラマー、単語学習等。

TOEICスコアはあるのに喋れないのは、インプットだけに偏った勉強をしているから。
3,4年前の、オンライン英会話を始める前の櫻田こずえそのものです。

知らない英語は聞き取れません
知らない・聞き取れない英語は決して口から出て来ません
使ったことのない英語は会話でいきなり使えません

また、アウトプットばかり闇雲にしていても、
インプットが尽きてしまえば、それ以上伸ばすのは難しいのです。
オンライン英会話だけで話せるように・・というのはかなり難しい。

それ両方をやってくれるのが、いわゆる英会話学校のレッスンですよね。
今日のスキットがあって、聞いて、読んで、話してみて・・。
全く理にかなった構成なのですが、何せお金が掛かるし時間も掛かる。
コスパも効率も効果も、櫻田はイマイチだと思います。

お金と時間がある方はそういったシステムを使うのも手ですが、
お金をあまり掛けずに、しかし効率よく話せるようになるにはどうすれば?
を、ここ3,4年間追及して来ました。

インプットばかりで喋れない、がっかりな人にはなりたくない。
でも、英会話にお金や時間をつぎ込みたくないし、
そんな方に、オンライン英会話と同時並行する、お勧めの学習法もご案内します。

■ 目標や実際に使える場所があると、それが英語学習の原動力になる!

英語喋れたらカッコいいなぁ!海外旅行で英語が話せたらもっと楽しいのに・・
って言うのも自分をMotivateしてくれますが、
やはり、忙しかったり長期間に渡ると、たるんで来てしまう・・
もし、仕事で使う環境がなく、さらに明確な目標がないのであれば、

・外国人のお友達を作る。
・他に何かしら英語を話せる場所を持つ。

外国人のお友達と英語で交流できる環境があれば、
もっと喋れるようになりたい!という気持ちが自然と湧いて来ます。
櫻田は外国人率の高いシェアハウスに住んだこともあります。

仕事以外の部分で気軽に「英語を話せる場所」を持つために、
櫻田がやって来たあれこれをご紹介して参りますね。

■ 継続可能な勉強法が一番の勉強法。

「突然口から英語が飛び出す」とか、「10日間でペラペラ!秘密はこちら→」とか、
今でも思わずクリックしちゃうけど(笑)あり得ません。

だって口から飛び出さなかったし、ペラペラにならなかったし(経験者は語る)。
あり得たら英語教育産業は崩壊、日本の英語教育問題はスッキリ解決で、
ノーベル賞ものです。

魔法のような英語勉強法はご紹介できませんが、

留学せずに
お金をかけずに
辛くならない

英語を「話せるようになる」ために実践してきた方法をご紹介して行きます。
あ、でも努力は必ず必要ですからね。

どんな勉強法でも、継続すれば成果は出ると思います。
継続できないから成果が出ない。

ただ、人や環境によって継続しにくい勉強法としやすい勉強法があると思いますので、
継続しやすい勉強法を探すことが、重要だと思います。
そんな方法をいろんなパターンでご紹介して行きたいと思います。



インプット&アウトプットが、英会話学習の両輪。
学習以外で「英語を話せる場所」を持ってモチベーション維持。
継続すれば成果は出るから、自分が継続できる方法を見つけることが大切。