オンライン英会話で本当にペラペラになれるの?

TOEIC905点元外資系OLの話せるようになるオンライン英会話受講法&独学インプット法研究

・櫻田の受講しているオンライン英会話はこちら「英会話無料体験実施中:hanaso

2014年2月24日
by kozue
櫻田の外国人シェアハウス体験談7:シェア交流記 はコメントを受け付けていません。

櫻田の外国人シェアハウス体験談7:シェア交流記

外国人のいるシェアハウス、こんなに楽しいよ!
という交流エピソードをいくつかご紹介します~。

■ その場にいた人でカラオケにゴー!

誰かが「あーカラオケ行きたい!」と言い出せば、
あたしも行くー、俺もー、とたちまち5,6人集まります。
カラオケなんて久しく行ってないなと思いつつ、
ここは折角だからと何度か参加しましたよ。

英語しばりというワケではないけど、
やっぱりワールドワイドな曲が盛り上がります。
と言いながら、櫻田は日本人アイドルの曲を、
振り付きで踊って盛り上がりましたが(笑)

歌える英語の歌が、昔のMadonnaの曲とか、Banglesとか、
古い曲ばっかりでね・・・(笑)
女子が歌うのは、Avril Lavigneやガガが人気でした☆

■ とにかくパーティー♪ 何かにつけてパーティー♪

たこ焼きパーティー、お好み焼きパーティー、
誰かに何かいい事があったらパーティー・・・
やたらとパーティーが開催されます。
予めアナウンスされていたり、突発的だったり。

外国人留学生のお友達なんかも来るので、
インターナショナル度も上がって、さらに楽しい。

若い子のノリなので、若干着いていけない時もありますが、
これは楽しまなきゃソンソン。
お家パーティーなので参加費も安いのが嬉しい。

■ DVD上映会もしばしば

大画面のTVが置いてあったので、しばしば自然発生的にDVD上映会。
基本、ハリウッド系のものを、日本語字幕で観る感じですが、
たまに字幕すらないものもあったりして、それはお手上げでした。

洋モノドラマを連続上映してたり、英語のクイズ番組を観てたり、
普段は自分では選ばないものを観ることができて、
さらに、自然に交流のきっかけになって、大助かりでした。

■ ジェルネイルを破格でしてもらったり、美味しいご飯が食べれたり

ネイリスト修行中の女の子がいたので、
3,000円位でジェルネイルをしてもらえました♪

さらに、表参道の有名フレンチで修行中のフランス人が、
見た目も味も素晴らしい料理を作って食べさせてくれたり、
韓国人留学生がトッポギをつくってくれたり♪



何か持っていれば、それが食べ物であれ、スキルであれ、DVDであれ、
お酒であれ、ネタであれ、恋バナであれ、
何でも「シェアして楽しむ!」という気持ちを持っている人が多いから、
嬉しい、楽しい、美味しいが、どんどん伝播していく。

シェアするのは「住むところ」だけではなく「経験」もシェア。
シェアハウスって、そんな素敵な場所です!

2014年2月11日
by kozue
櫻田の外国人シェアハウス体験談6:悪いとこ はコメントを受け付けていません。

櫻田の外国人シェアハウス体験談6:悪いとこ

良い意味で落ちついて来た1か月目位のレポ。
落ちついて来ると同時に、いろいろと不満というか、問題点が浮き彫りに。

■ 共同生活は割り切りと諦めが大切!


老若男女国籍入り混じる30人、そりゃあ価値観の違いがあって当然。
生活する上では、共用部分の使用方法がやはり問題になります。

お風呂、トイレ、キッチン、玄関、廊下。
問題になるのは、汚いかうるさいかどっちか(笑)
盗難等の問題は、櫻田のハウスでは一度もありませんでしたよ。
冷凍庫のロールイカを食べたな!とかはあったけど(笑)

櫻田が入居して2週間経った時、居住者の一人からMtgの提案が。
共用部分が汚いので、その使い方のルールについて、
皆で話し合おうというものでした。
自発的というのが、素敵ですよね。

2/3(英語ではtwo-thirdsと読みますね)の居住者が参加して、
日本語&英語で話し合いましたが、
うーん・・・あまり効果はなかったようで、
次の日もキッチンのシンクには洗い物が溜まっていました。

年齢的に「お母さん」なポジショニングになってるので(笑)、
声をかけたり、注意したり、時間があれば黙々と片づけたり。
でも、背負い込まないこと、頑張り過ぎないこと、
割り切りと諦めが大切です。

■ 生活時間帯の違い


大学生は休みが多い。その時は春休み。
次の日笑っていいともの時間に起きても大丈夫なんです。
そして、20代の働く若者にとっては、
次の日朝から仕事でも、夜中まで遊ぶのも無問題。いいわねぇ(笑)

ということで、夜中の2時3時でも、
リビングで映画を見たり宴会したりしています。
それを否定する気は全くないし、たまに参加したりもするのですが、
その宴会後のテンションで廊下でおしゃべりされたりすると、
近場の住人にとっては結構うるさい。

廊下から個室は全く防音されていないし、
個室間の仕切りも、即席で作られた部分が多いから、
壁は薄っぺらで筒抜けの場合が多い。

ちょっとやそっとの地震では起きない櫻田ですが、
こればっかりは目が覚めちゃうんです。

これはいかんともしがたいので、2階のリビングから遠い部屋が空いたら
速攻移ろうと思いましたが、全然空かない。
他の居住者に聞くと、3人部屋は誰かのイビキがひどいとか、
リビングの真上もうるさいとか、洗濯機置き場の裏はうるさいとか・・
結局どこに行っても騒音は避けられないよう。

これは逃げるのは無理だと思って、耳栓をして寝るようにしました。
最初の2-3週間は夜中に起きてしまい、
そのまま朝まで寝られなくてツラかった時もあったけれど、
徐々に慣れて行きました。

要は諦めと慣れ。
自分のコントロールできないことに、
イライラしないように努力することですね。


■ 衛生観念が緩くなる、ならざるを得ない


トイレの使い方、共有のお鍋やお皿の洗い方、
電子レンジの中、シンクの生ごみ入れ、
洗濯機、玄関、すべてが自分の独り暮らしの時の衛生基準未満、
ぶっちぎりで下回ります。汚い。

最初は、自分専用の布巾やフライパン等を用意しようかと思いましたが、
これも、もう諦めて慣れることにしました。
20代の男の子がいるんだもの、しょうがない。

その代わり、部屋の中に厳格な衛生エリアを作り、
それ以外は汚くてもしょうがないと、メリハリ(?)をつけて、
どうにか自分を納得させました(笑)

でも、櫻田、強くなったと思います。生命力が上がった感じです(笑)
衛生状態の悪い国も旅行できる気になりました。



そんな悪い所を補って余りある、楽しいシェアハウス共同生活!
是非皆さまもチャレンジしてみて下さい☆

2014年2月8日
by kozue
櫻田の外国人シェアハウス体験談5:楽しい交流♪ はコメントを受け付けていません。

櫻田の外国人シェアハウス体験談5:楽しい交流♪

とうとうシェアハウスに入居し、お引越しも終えたこずえさん。
ドキドキの外国人シェアハウスでの生活が始まりました。

一言で言うと、学生の合宿みたいです、毎日がw
若干アラフォーにはツライこともありますが、
楽しい毎日です!さ

■ リビングが社交場


基本的に個室なので、住人と話をするのはキッチンに続くリビング。
そこには大きなTVがあり一日中つけっぱなし。
そして、誰かが必ずリビングに居る。

家に帰って誰かが「おかえり」って言ってくれるのはやっぱり嬉しい。

テーブルで麻雀をしていたり、DVDを観ていたり、お酒を飲んでいたり。
何かをするために集まっている、というより、
ただそこで皆と時間を楽しむ為に集まっている感じ。

楽しそう☆でもドキドキ・・・仲間に入れるかしらん。

新参者は顔を売るのがまずは大切と、
毎日会社から帰ったらリビングに行き、そこでご飯を食べ、
だらだらと過ごすようにしてみました。

毎日居れば名前も覚えてくれるだろうし、仲良くなれるだろうし、
ウマイ感じで自分のポジショニングもできるだろう。

また、一度挨拶したけど名前を忘れちゃった人←失礼です!
を、誰かがその人呼ぶのを待っていたり(笑)

しかし、10歳年下の子達とどうやって仲良くなればいいんだろう、、、。

そうなんです、ハウスは20代前半~半ばの若い子が多い。
おばちゃんだから嫌がられてないかなぁ、、、。
毎日ドキドキ緊張しながらも、1-2時間はそこで過ごすようにしました。


■ 話のネタのために月9を見るも、むしろハマる


と、初日からとても親切にしてくれた日本人の大学生の女の子が、
月9ドラマを見ようとリビングにやってきた。
あー、これだーっ!私も月9を見れば共通の話題ができるやんっ♪

これまで2年間、テレビのない生活で全く不自由していなかった櫻田。
久々に月9を見ることになりました。

最初の5分(笑)は一緒に見なきゃとか、面白くないんじゃないかとか、
そんなことうっすら考えていたのだけれど、
いやぁ、これが結構久しぶりで新鮮で、10分後にはハマってました(笑)

外国人との交流もさることながら、
世代を超えた(15歳以上年下・・)子とじゃれたり、
結構真剣に将来の話をしたり、恋愛相談を受けたり。。
それもとーっても楽しく、そして刺激的でした!


■ スペイン人のギターに合わせてMore than wordsを歌う


スペイン人がギターを持って弾いていたので、一緒に鼻歌を歌っていたら、
これ歌える?って、More than wordsを弾きだした。



歌えるーっ!けど、歌詞が分からない。。と言ったら、
すかさずドイツ人がNote PCで歌詞検索してくれて、
それを見ながら三人でノリノリで歌ってたら、
周りの子も一緒に歌ってくれたりして。

何これ、ヨーロッパの学生寮的な?
超インターナショナルな自分にテンション↑(笑)
そして、若い、今、自分若いわー(笑)

sharehousespain ギターを弾いてくれたスペイン人友達

■ 1日平均30分位かな、英語を喋るのは


シェアハウスに住み初めてから1週間。
リビングにかなり居座ったので、話をしてくれる人も増えました。
話に誘ってくれる優しい人もたくさん居ますが、
やはり自分から入っていく勇気が大切です。

1時間位外国人と英語&日本語混じりで話す日もあれば、
日本人と話をして、今日は英語は2ー3語だったな、という日も。

外国人の中には、日本語を勉強している子もいるので、
そういう子にはなるべく日本語で話すようにしたり、
英語圏以外の子には、その人のLocal Languageで挨拶したり。

■ 共同生活、楽しいっ☆


シェアハウスに住もうなんていう位だから、住んでいる人は皆社交的。
前向きで面白いことが好きで、ポジティブな雰囲気がする人が多いし、
世代もいろいろ(10代?30代)国籍もいろいろ。

とても刺激的な交流ができますよ!

と、緊張しながらも楽しい1週間の感想をレポしましたが、
もちろん、いろいろとトラブルや嫌なところもありますので、、、
次回ご紹介しますね。

2014年2月3日
by kozue
櫻田の外国人シェアハウス体験談4:入居初日 はコメントを受け付けていません。

櫻田の外国人シェアハウス体験談4:入居初日

空室を待ち続けて、やっと希望のハウスを契約できたこずえさん。
狭い部屋に荷物を入れるべく、
お引っ越しダイエットに奮闘したのが前回。

櫻田の外国人シェアハウス体験談3:申込完了!
http://eigo.sakuradakozue.com/sharehouse3/

契約も済ませ、いよいよお引っ越しです☆

■ 入居初日、とにかく自分から Hi!Hi!Hi!

お引っ越し当日、立ち会いはないんですね。←期待するな
契約を当日現地でするならば、立ち会いもありなので、
ちょっと不安が軽減されるかもしれません。←チキン

前日の契約時に渡された鍵を持って、ひとり突入する訳です。
めっちゃ緊張しましたよ、本当に。心臓バクバクです。

最初に会ったのは、ドイツ人の男性。

“Nice to meet you!” と言ったら、
“はじめまして、僕は○○です。” と日本語で返されてびっくりw

そりゃ、日本に住んでいて、
さらに日本人とのシェアハウスを希望している位ですから、
日本を知りたい、日本を勉強したい、
と思っている外国人が住んでいるワケです。

そういう意味では、基本ウェルカムされるんだな、と、
安心していいんじゃないかと思いますよ。
リラックスして行きましょう、あなたは求められているのよ!
あ、はい、櫻田が一番無駄に緊張してるんだけなんですけどね・・・

櫻田が住んでいたハウスはメガハウスで、
20人以上の人が住んでいました!
だから、良い意味で注目度は低く、自然にすっとなじめました。
皆、新しい人が入って来ることに慣れている感じで。

しかし、何人もの人に「Nice to meet you」を言ったので、
名前と顔が一致しなくなってくるし、2度挨拶しちゃうし・・
ノートに名前と特徴を書いてました。最初だけですが。

■ シェアハウスに住む外国人は、やはり日本語を話す人が多い。

日本に興味があるからこそ来日して、
さらに日本人とのシェアハウスに住んでいる外国人。
どんな人なのかなぁ、と挨拶がてら話してみる。

働いている人、ワーホリで来ている人、
インターンシップ中の人、留学している人、などなど。

ハウスの半分近くいる外国人のうち、半数は日本語が上手で、
半数は片言しか喋れない、といった感じです。

スペイン人に英語で話しかけ、スペイン人は日本語で返し、
しばらくそれが続いて、全部日本語になったり、英語になったり。

いやーん、櫻田、超インターナショナル♪

テンションが上がります(笑)

夕ご飯はリビングでコンビニ飯

小さいハウスなら、歓迎会!的な感じになるのかもしれませんが、
大きいハウスで人の出入りも激しく、特にそんな雰囲気はなし。←期待するな

コンビニでお弁当を買って来て、リビングで頂きました。
ソファーに座って食べていると、いろんな人が話しかけて来てくれるし、
TVがずーっと付けっぱなしになっているので、
それ見てワイワイ喋ったり、本当に自然な感じでなじめて、一安心。



早速ハウスの生活が楽しくなって来る櫻田、部屋に戻ってガッツポーズ。

そんなインターナショナル気分で盛り上がるミーハー櫻田の日々を、
また次回、レポさせて頂きますね。

2014年1月28日
by kozue
櫻田の外国人シェアハウス体験談3:申込完了! はコメントを受け付けていません。

櫻田の外国人シェアハウス体験談3:申込完了!

意を決してシェアハウスに内見に行き、
陽気なカナダ人と美人韓国人と話をしてその気になったものの、
決心がつかず悩んでいたら、空室が埋まってしまってくやし泣き、
というところまでが前回。

櫻田の外国人シェアハウス体験談2:内見
http://eigo.sakuradakozue.com/sharehouse2/

さぁ、こずちゃんはシェアハウスに入居できるのでしょうか?
(できたからこんな連載してるんですけどね)

■ 1日100回空室確認をする簡単なお仕事です


いやね、空室お知らせ機能があるので、手当たり次第登録しておけばいいし、
(空室検索すると、一覧表の右端に登録ボタンがありますよ)
営業マンの子に探りを入れればいいものを、なんだかやっぱり少し迷っていて、
ひたすら空室を確認しながら、自分の意思も確かめる日々でした。

さらに、ボーダレスハウスには沢山のシェアハウスがあるので、
通勤に都合の良い物件はいくつかある。
東京に住んでいるなら、一度は山手線の中に住んでみるのも面白そう、
とか思ってみたりして、赤坂とか六本木とかカッコいいなーとか。。。
もう、軸が決まらないまま、毎日PCの前で無駄に時間を過ごしていました。

皆さまはそんな無駄なことをなさらぬよう。


■ 遂にお目当てのハウスに空きが出た!心の準備は良いか?


そんな日々を過ごしていたら、ついに内見に行ったハウスに空きが出ました!
前回の反省を踏まえて光速で申し込みをすべきところですが、
そこは優柔不断なこずえさん、1時間ほど再び悩んでから、ドッキドキでぽちっとな。

すぐにハウスからメールが来て、2ヶ月分の家賃と光熱費と手数料を振り込み。
これにて正式にハウスへの入居が決定しました!!
内見の時に審査は済ませていたので問題なしです。


■ シェアハウス入居はアラフォー独身女性の背水の陣?


シェアハウスは押し入れのような収納は一切なし!
sharehouseheya
少々の収納家具のみ。
無理。絶対無理。荷物全部入らない。

・ミドルベッドを持ち込み(家具の持ち込みは自由です)下を物置に
・とにかく荷物をダイエット
・実家に送りつける

この三つの戦略でどうにか乗り切る事にしました。

まずは本、洋服、小物類、を、売るか捨てるか実家に送るかしました。
また、冷蔵庫、洗濯機、掃除機、電子レンジはリサイクルショップへ売却。

「おいくら」で5社に見積依頼し、3社から返信が来て、
そのうち一番高いところへ。
http://oikura.jp/

実家に持って帰ろうかと思ったのですが、送料だけで数千円掛かるので。
送るならクロネコヤマトのらくらく家財宅急便が便利です。
http://move.008008.jp/kazai/

こういった家財道具を売り払うことで、
簡単には普通の一人暮らしには戻れなくなります。
シェアハウスに住み続けるか、結婚するかです!

当時付き合っていた現在の旦那様にシェアハウスの相談した時には、

「そんな危ないところじゃなくて、俺の所に来なよ!」
と言われることを13%程期待していましたが、

「面白そうだね、いいんじゃない。」
とあっけなく賛成されてしまいました。

ちょっとがっかり(笑)


■ 契約→お引っ越し


当時のボーダレスハウスの場合、契約は入居日以降に、
事務所(水道橋)でしかできませんでした。
今はハウスでもできるみたい。

引っ越し当日は忙しいので、入居日を1日前倒しにして、
(その分家賃等がかかりますが)
余裕を持って前日に契約に行きました。

事務所もインターナショナルな感じで、
櫻田の後に金髪のモデルさんのような美人が来たり、
これからの生活にワクワクしながら手続きを進めました。
そうですねぇ、30分はかからなかったと思います。

駅から少し迷ったので、地図はしっかり調べておいてくださいませ。





次回は入居日当日、お引っ越し当日のドキドキをお届けいたします♪